あなたののことを理解してくれる場所、持ってますか?

こんにちは。
山下 史仍(やました あやの)です。
 
 
突然ですが、あなたは、自分のことを理解してくれる場所って、持ってますか?
 
 
例えば、行きつけの飲み屋の大将があなたをよく理解してくれるなら、それも良し。
 
 
飲み屋のママでも、仲のいい友人でも、何処でも問題はありません。
 
 
あなたを理解してくれる人。
 
 
とても大切です。
 
 
最近は、イクメンという言葉もあったり、実際そんな男性も増えてきていますが、あなたはどうですか?
 
 
ひょっとして…仕事漬けになっていませんか?
 
 
美味しいお味になっているといいのですが、
 
奥さんからすると、仕事漬けは、
あまりイケてない味ということになります。
 
 
 
{2E3C5C95-CE26-46B3-9C28-1E20F99038C3}

 

 
でもね、お仕事ばかりも大変でご苦労も多いことでしょうね。
 
 
それよりも、息抜く時間はあるのでしょうか?取れていますか?
 
 
 
…働きすぎの男性、心配してしまいます。
 
 
 
そんな時は、身体を動かすのもいいですが、気が乗らないもの。
 
 
だから、是非あなたのことを解ってくれる人と話をしてみてください。
 
 
 
「最近、どうしてる〜?」って。
 
 
 
女性はよく話をして感情を落ち着かせたり、発散したり納得させたりますが、
 
 
男性は、プライベートで話をしない方が多いです。
 
 
必要なことのみ…になりがち。
 
(別に話すこと無いし…みたいな。^^;)
 
 
 
 
ですから、つい女性と話すときや、
 
奥さんと話すとき、喧嘩のとき、
 
 
 
仕事意外の自分の気持ちが「?」になりがちなのです。
 
 
 
 
もう一回言いますね。
 
 
 
 
男性の方は、仕事をよく理解し、
状況を踏まえ、どうしたらいいか分析し、適切な答えを導き、フォローし、
着実に前に進みます。
 
 
ところが、
家庭の目標、イメージ、なりたい家族像、人生、そして、自分の気持ち…そこは、ぼや〜っとしています。
 
 
仕事では、自分で考え、適切に処理、行動しているのに、
自分の気持ちや、家庭のことになると、
意識が「自分中心」ではないのです。
 
 
 
「今、お金が必要だから、働いている。家族のためにもお金が必要だ。」
 
 
それはそうでしょう。
 
仕事が大変だから、休日も寝て過ごす、とか。
 
 
ふと、仕事のこと思い出して、休日もやらないと、という意識がある、とか。
 
 
朝早くから、
仕事に行かないと行けないから、セックスは出来ません。とか。(…言われたことあるし。笑)
 
 
 
そこにスポットが当たり、仕事こそが人生になりがちなのです。
 
 
 
 
 
ところが、多くの女性は、ありたい家族の姿があります。
 
 
 
企業のために仕事漬けになってしまった男性。
 
 
企業の利益追求の元、教育され、働かされます。
 
 
 
勿論、経済もお金も大切。
 
 
 
 
でもね、あなたあっての家族であり、
 
あなたあってのお金です。
 
 
 
自分の気持ちを「?」にしたままにしておくと、
 
 
仕事意外のことは、どうしたらいいのか解らなくなってしまいます。
 
 
大事な時に、とっさの判断がつかず、行動に出遅れが生じます。
 
 
 
家族のために仕事をしていただけなのに、家族と離れ離れ…。
 
 
 
そうなってきた方もいらっしゃいますが…それで、いいのでしょうか?
 
 
 
あなたは、あなたの人生の主人
公で、企業の車輪になるために存在しているのではありません。
 
 
 
あなたの人生をどう生きたいか?
生きるためには、仕事も必要です。
 
 
どんな家族でありたいか?
 
どんなあなたで居たいのか?
 
 
 
あなたを理解してくれる人に、
 
「こんな生活に出来たらいいなぁ。」
 
 
と、自分の理想像を話してみてはどうでしょうか?
 
 
冗談でも、笑い話でもいいのです。
 
 
あなたの人生の質を高めるために。
 
目の前にあること勿論大切ですが、目の前に無い大切なこと…あるんです。
 
 
 
目の前にない、、、見えない何か。
 
そこに気付くかどうかです。
 
 
きっと
あなたの望む通りの人生の道はあります。
 
 
負けるな〜!
 
頑張れ!男性諸君!^^
 
あ、仕事はほどほどに。笑
 
応援しています♪
 
 
 
それでは、またお会いしましょう^^
 
 
 

 

 

 

■無料 メール講座配信中

【妻の眠った愛を引きだす10のステップ】

 

 

■妻の愛を取り戻す秘訣がわかります。

【妻の愛を取り戻す Re:ラブセッション】

 

■妻の愛をがっつり取り戻す人のための4か月間マンツーマンプログラム

【妻の愛を取り戻す Re:ラブレッスン】
 

 

■遠方、じっくり対応したい方のためのメールカウンセリング。

【妻の愛を取り戻す Re:ラブメール】