夫婦の関係性を創るための、秘密。

こんにちは~、

 

山下 史仍(やました あやの)です。

 

昨日は、夫と海鮮丼を食べ、バッティングセンターとオートテニスに一緒に行ってきました。

そんなフェイスブックの投稿をしたのですが…

 

でも、私たち、ずーっと仲がいい夫婦…ではありません。

 

勿論、結婚した当初は、ラブラブで、

優しいし大好き、食べちゃいたいくらい、かわいい~(夫は年下なので。(笑))とか。

沢山プラスの感情を持ち合わせていました。

 

 

ですが、私、できちゃった結婚で…、

普通の人以上に、ラブラブする時間や、ふたりでまったりする時間は少なく、

赤ちゃんがいたので、新婚旅行も諦めざるを得ませんでした。

でも、「落ち着いたら、みんなで旅行に行こうね!」って、約束をして。

 

 

 

1人目を出産して、世のお母さんがどれだけ頑張っているかを知りました。

だって、子どもって自分の思うとおりにならない、ならない。

子どもって、想像で想うことと、実際は全然違う。

手助けしてくれる実家も遠く…孤独で、唯一夫だけが頼りでした。

まだ、私も甘えられる可愛さもありました。(「いや~ん、できない~」とか。笑)

 

 

でも、私の苦手なことは…

 

 

========================

 

子どもを育てること。

 

========================

 

…ぷっ(笑)最悪ですよね。

 

でも、本当です。

 

 

そして、子どもが1才になったころに、カウンセラーとして働きます。

 

そしてそのまま1年くらいたったでしょうか?

 

何と2人目を妊娠をします。

 

 

仕事も臨月まで働き…、カウンセリングしていました。

 

2人目出産して、

夫は仕事でますます帰らなくなり…

1人で、2人の世話。

 

 

でも、私、仕事は好きなので、すぐ仕事に復帰していました。

ですが、カウンセリングしながら、内面は、発散できない不満と、1人子育ての不満、

ぜーんぶ。。。。夫のせいにして、腹を立て、

理由をつけては、やらないことも増えてきて、離婚の二文字を口にしたこともある時期です。

勿論、大変なのもありましたが。

 

 

 

解りますか?

私の苦手なことは…

 

========================

 

 

子どもを育てること  

夫との関係性を創ること

 

 

 

========================

 

…ぷっ(笑)

 

カウンセラーじゃないやろ?!と思いませんか?

 

でも、現実。

 

その時も、やはり人との関係性に悩む方々の相談に乗ったり、

(勿論、夫婦関係、親子関係です。)

メンタルへルス講座やストレス発散をする方法を教えたり…。

 

 

カウンセリングで、その人に合う最適な方法をアドバイスしたりしながら…

それぞれが、良好に進んで行っている経過を見つめながら…

 

自分は微妙だったとは…(笑)

でも、カウンセラーだって人間だし、苦手なことも持っているのです。

 

子どもは保育園に任せても、

夫を他の人に任せるわけにもいかず…(笑)

 

そして…ある時気付いたのです。

 

 

…子育てと、夫婦関係の共通点に。

 

 

========================

 

 

 

あなたにパートナーに対する「愛」があれば、

 

あなたの「立ち位置」と、「関わり方」でどうにでもなる。

 

 

 

========================

 

 

 

 

「夫婦」だからこそ、解ってほしい。

「夫婦」だからこそ、認めてほしい。

「夫婦」だからこそ、愛してほしい。

 

 

※親子の場合、「夫婦」を「親子」に変えるだけです。

「夫婦」だからこそ…なのです。

家族だからこそ、自分の苦しみを解ってほしい。

夫婦だからこそ、自分を愛してほしい。

親子だからこそ、慰めてほしいのです。

 

 

または、夫婦だからこそ、ほおっておいて欲しいのです。

 

 

奥さんが発する言葉は、

2人の関係性に「だからこそ…」の想いがあるからこそ言えているのです。

 

 

そして、それは…あなたの「夫婦だからこそ…」とは違います。

 

 

その「夫婦だからこそ…」を同じ色で塗っていはいけません。

 

 

間違いの元です。

 

 

========================

 

 

 

人は、みんな自分勝手。

 

 

 

========================

 

 

女性は、夫婦だからこそ、もっと旦那さんと話がしたい。

 

困っていることがあるなら、話してよ。夫婦なんだから。

 

でも、男性は、どちらかというと、

 

夫婦なんだから、悩んでいる時くらい、ほおっておいて欲しい。

 

口出ししないで。

 

 

また、関係性によっては、そうでない人もいるでしょう。

夫がうるさいのよ~、面倒だわ、とか。(笑)

 

 

人によって、また自分のその時の感情によっても、

「夫婦だからこそ…」の価値観も違うのです。

 

 

 

 

そして、夫婦の関わり方の公式は、

 

========================

 

夫婦の関わり方 = 

パートナーに対する愛 × (理解する+認める+愛する)

 

========================

 

「パートナーに愛が無い…」と嘆く前に、

 

この関わり方の公式で解るように、

 

 

 

 

夫婦関係は、

 

実は1人で解決できる問題なのです。

 

 

 

 

勿論、時期によっては、途中退場される方もいるかもしれない…のは否めませんが。

 

 

しかし、あなたが愛をもって、「立ち位置」と「関わり」を見直すことで、

 

結果が変わってきます。

 

 

あなたが同じ「愛」を持っていても、

 

離婚になるのも、

 

一緒に楽しく暮らすのも…、

 

表現が違っただけ、なのです。

 

 

 

離婚をするのを否定はしません。

 

でも、もしまだパートナーに対して「愛」があるのなら、

まだできること…ありますよ。^^

 

 

 

 

だって、私、子ども4人授かって、

今だって十分に幸せ噛みしめていますから。

本日もお読みくださり有難うございます。

 

あなたにとって…

素敵な一日になりますように。^^

 

 

 

 

 

 男性向け メニュー

■【無料】メルマガ登録フォーム

メルマガ登録フォーム

【サービス・料金】

■妻の愛を取り戻す秘訣がわかります。

妻の愛を取り戻す・単発セッション

妻の愛を取り戻す・Re:ラブメール

■妻の愛をがっつり取り戻す人のための4か月間マンツーマンプログラム

妻の愛を取り戻す・Re:ラブレッスン