あなたは「何のために」夫婦仲良くしたいですか?

こんにちは。

山下 史仍(やました あやの)です。

 

今日は、動機について。

「理想」から「現状」を引いた差が「問題」だと言われますが、

あなたの夫婦生活の中には、問題はありますか?

 

カウンセリングをしていると、「主訴」が何かを見極めるためにも、まずよく話を伺います。

(主訴とは、特に重要な訴えです。)

 

だって、問題には色んな要因が絡んでいて、

話しながら随所で、色んな問題が出てきます。

 

 

それは、育った家庭に起因する「過去」からきているものだったり、

今の状態を何とかしたいという、「現在」の問題。

「未来」に起こるであろうことへの問題。(こうなったらどうしよ~!みたいな…)

 

結構、わたしたち、問題は一杯なんです。(笑)

 

 

 

それで、カウンセリングにいらっしゃる方にも

 

いらっしゃる「動機」がある訳ですが…

 

 

その「動機」の表現を、あなたの中で、間違えませんように。

 

これを覚えておいてください。

 

 

========================

 

奥さんと「離婚しないため」の行動ではなく、

奥さんと「親密」になるために、行動するのです。

 

========================

 

 

 

 

 

 

離婚したくないのは、よく理解できます。

でも、「離婚しないため」の行動って、想像つきますか?

 

 

例えば、

 

・関係性が、何とかならないか、妻の機嫌を伺う。

・自分の食器を片づけたり、子どもの世話をしようと努力する。

・嫌われないための行動をとる。(怒られないため、迷惑にならない行為)

・機嫌のよさそうな時に、話し合いを求める。

・妻の機嫌を取っちゃう…

 

 

…いえ、悪くないですよ?

 

逆に、奥さんと「親密」になるための行動を考えてみましょう。

 

例えば、

・奥さんに挨拶する。(ん~ここが出来ているかどうかも、大事です。)

・外出に誘ってみる。(「たまには、昔一緒に行った○○に、行ってみようか?」とか。)

・食事に誘う。

・奥さんの話を聴いてみる。

・自分の食器を片づけたり、子どもと遊ぶ。

 

などでしょうか…?

 

 

どうですか?

 

 

「離婚しないため」と「親密になるため」…なんだか、色が違いませんか?

 

 

「離婚しないため」の行動は、

 

妻の視線や言動に気遣い、怯え、最悪の決断はされないように、

努力し、取り繕います。心境的に妻に委縮しています。

 

 

「親密になるため」の行動は、

妻の視線でなく、お互いが楽しむことに意識が向いています。

楽しくなることを探ろうとしている姿勢です。

 

 

 

 

========================

 

奥さんと「離婚しないため」の行動ではなく、

 

奥さんと「親密」になるために、行動するのです。

 

 

========================

 

 

何が動機の中心にあるかで、行動は変わってきます。

 

 

勿論、どちらでお誘いしても、拒否される場合もありますよ。^^

 

ですが、それは、今の奥さんの意見ですから、無理強い出来ません。

 

今の状態になってしまったのは、あなたにも少なからず理由があるはずです。

 

 

 

「離婚しないため」の行動では、奥さんを振り向かせることは出来ません。

あなたは、「親密になるため」の行動をとってくださいね。^^

 

 

そして、

 

ペースだけは、奥さんに合わせて、

 

ゆっくりゆっくり、こころを開かせてください。

 

 

「俺がこれだけ言ってんだから!」と腹を立てるのは禁物です。

 

 

 

今、一から信頼を積み重ねていってる…と思ってくださいね。

 

 

 

本日もお読みくださり有難うございます。

 

 

あなたにとって…

 

 

素敵な一日になりますように。^^

 

 

 

 

 

■無料 メール講座配信中

【妻の眠った愛を引きだす10のステップ】

 

 

■妻の愛を取り戻す秘訣がわかります。

【妻の愛を取り戻す Re:ラブセッション】

 

■妻の愛をがっつり取り戻す人のための4か月間マンツーマンプログラム

【妻の愛を取り戻す Re:ラブレッスン】

 

■遠方、じっくり対応したい方のためのメールカウンセリング。

【妻の愛を取り戻す Re:ラブメール】