「バナナが伝える」気持ち

先日子どもが

「バナナを食べたい」と、言い、

1人1人に、バナナ1本ずつ

手渡ししていたんですが^^;



最後に長女にバナナを手渡したら、

そのバナナが小さい思ったらしく、大泣きし出しましたあせる


私は、その泣く様子を見てたんですが、
同じ様子を見て、もうすぐ2歳になる末っ子が

何を思ったのか、

食べていたバナナを一握りちぎり…

泣いてるお姉ちゃんに向けて

「はい。」

と…手を差し伸べました。

手にはしっかり

バナナがギュッと入ってました。笑

その光景を見て、思わず心があったかくなりましたドキドキ


人が泣いてたら、
自分のものを、
何か差し上げようとする、

その心が2歳の子にも育まれてるんだぁ〜音譜と思うと、とても幸せでした(*^_^*)

結局、長女は泣き止まず、末っ子が差し出したバナナを

受け取る事はありませんでしたが、笑

「差し出す」気持ち、とても大切です。

自分の愛情を、自然にお渡ししたいものですね。ニコニコ


コメントを残す