しあわせのため息

おはようございますニコニコ

山下史仍です。音譜

皆さま、最近

 

幸せの「ため息」ついてますか?

「どんなため息?」と言われる方のために、

 

例えば、こんな時につくため息のことです。DASH!ラブラブ

 

・学生時代の部活で負けそうだった試合に、何とか勝てた!

 

・仕事で、人には出来ないすごい実績を出した!

 

・付き合っている彼女の可愛い笑顔を思い出すと、にやけてしまう。

 

・好きだった彼女が、努力の結果、振り向いてくれた。

 

・自分の頑張りと仕事の成果が比例した、また、実りが大きかった!

 

・ずっとやりたいと思っていた長年の夢に着手できる状態になった!

 

・自分が手助けした人が元気になり、その変化の様子に周りの人から感激された。

 

・憧れの人との対話ができた!

 

・ずっと行きたいと思っていた海外旅行へ何とか行くことができ、最高に楽しめた!

 

・「うまくいくはずない」と上司から他人から思われていた交渉が、うまくいった!

 

・やっとここまで収入が増えた!

などです。

 

結果が解りやすいので、仕事や憧れ、夢などを多く取り上げています。ラブ

 

 

これらを想像してみてください。

 

実感できそうなものをみて、

 

(はあ~)ってため息をつくのです。ドキドキ

これです、幸せのため息。

 

あなたの心が満足した証拠のため息です。(イメージでも脳には有効です。)

 

これらの成果は日頃、早々に味わえるものではありません。

 

 

頑張って、目的に向かって、努力してきたからこそ、その結果が得られたときに…

 

(はあ~)とドキドキのため息になるのです。

 

そして、その満足感や充実感があるからこそ、

 

「また次頑張ろう」と思え、努力するのです。

 

 

 


 

 

でも、ずっと…実りを感じられなかったら?

 

やるだけ、努力するだけして‥他人のために働いているみたいな‥

 

何度やっても無理なら‥そこに希望も抱けなくなります。

 

自分の人生じゃないような状態。

 

わかります‥

 

そんな時もありますよね。

 

 

 

そういう時は、

 

「自分自身を見つめ直す」のは勿論ですが、

 

「幸せの感度」を上げる時期に来ているのだと思いますよ。キラキラ

 

 

人は誰でも、

 

感情の波も、

 

自分に必要な季節も持っています。

 

 

 

他人は「収穫の秋」かもしれませんが、

 

自分は「種まき」の時期かもしれません。

 

何も焦る必要はないのです。

 

 

 

ずっと「収穫・実り」の時期なら嬉しいですが、

 

その前の「種まき」から始めないと「収穫」できません。

 

そう、諦めたら、「収穫」できないのです。

 

 

 

でも、「種まき」にも「幸せ」はあります。

 

春の季節・・

 

心地よい風と、大切な人との出会いが多くある時期なのかもしれ
ません。

 

 

 

「幸せの感度」を上げるのも、

 

「自分自身をコントロール」することの一つです。ニコニコ

 

 

乗り切ったもん勝ちです!

 

お互いに「望むものを手にする」べく、がんばりましょうね。アップ

 

本日もお読みくださり有難うございます。ニコニコ

 

今日も素敵な一日になりますように。ラブラブ

 

 

 

 

■無料 メール講座配信中

【妻の眠った愛を引きだす10のステップ】

 

 

■妻の愛を取り戻す秘訣がわかります。

【妻の愛を取り戻す Re:ラブセッション】

 

■妻の愛をがっつり取り戻す人のための4か月間マンツーマンプログラム

【妻の愛を取り戻す Re:ラブレッスン】
 

 

■遠方、じっくり対応したい方のためのメールカウンセリング。

【妻の愛を取り戻す Re:ラブメール】

 

 

 

 

 


コメントを残す