人を許す方法(前編)

こんばんは~、


山下 史仍(やました あやの)です。




あなたは、人を憎んだことありますか?




大好きだからこそ、裏切られると許せない気持ちが出て来たり、



憎しみしか生まれてこない…そんな状況。




恐らく、精神的にもボロボロで、何を信じていいのか、自分の存在意義さえも見いだせなくなっているかもしれません。





愛や恋ってあなたを夢中にもさせてくれますが、


あなたの自尊心をも傷つける可能性だってあります。


プライドなんかズタズタになることも。



あなたも、他の人には解らないような悲しみと苦しみを乗り越えて今に至っていることでしょう。



もしくは、今もしこりがあるかもしれません。






そんな感情を上手に消化し、相手を許す方法。



そんなのがあればいいと思いませんか?



{2DE88953-9A5F-47C6-82EC-D26D07E61920}



これは、許したい…と思っているあなたがやるステップです。



許したい気持ちがなければ、このステップは無意味です。



許すために、能動的に行動しましょう。^^







========================




人を許すために出来ること…8ステップ!(爆)

多くなりすぎました。(^_^;)





■煮えたぎる感情を外に吐き出す。


まずはクールダウンが大前提です。


男性は、特に感情が未消化なまま生活し続けている方が多いので、そういう時は身近な友人でも、また私でもご利用くださいね。^^


許せない気持ちを紙に書きなぐり、その後、燃やすことも一つでしょう。


あなたは「自分を大切にすること」を第一にお考えください。(どうしたら今の状況から抜け出し、元気になれるかを考えます。)






■今ある状態がゴール(結果)ではありません。



長い人生の中で、今の状況は一時的な苦しみです。でもその渦中にいると永遠に続くと思ってしまいます。


あなたの頑張った結果とは、違う状況であることを認識しましょう。


それは、あなたが人生を通し、気付くための必要な苦痛であり、学びのときです。







■自分で自分を認める。



他人を許せていないときって、自分のことも認めていません。



「なぜあの時、気づかなかったのか?」「もう少し早く○○してたら…」


などの後悔が生まれ、悲しみ、虚しさが残ります。



今まで頑張って走ってきたあなたを、あなた自身が認めてあげてください。


声に出して。(よく頑張ったね、お前は何も悪くない、俺は妻に誠実に接してきていたじゃないか。)


今は辛い状況ですが、必死に考え、行動し、対処してきたあなた、よく頑張ってますよ。


■どんなあなたなら許せている?


許せていない自分を客観的にみて、どういう自分だったら許せているのかをイメージしてみましょう。


許せない気持ちを持ってイライラしているあなたを、別の自分が天井からみていると、想像してください。



どうですか?



気持ちよく相手を許し、生活しているあなたなら、どんな気持ちでそのことを許すのでしょうか?



それは、どんなことを楽しんでいるあなたですか?



想像してみましょう。


あなたが許せるポイントが解るかもしれません。




========================



こんな感じで、
今日は、4ステップ!

長すぎるので、前編です。笑


本当は1人1人ステージも状況も違うので、どこまで当てはまるか分かりませんが、少しでも何かしらヒントになると有難いです。

感想などありましたら、お気軽にご連絡ください。^^


明日、

残りの4ステップをアップしますね!




本日もお読みくださり有難うございます。



素敵な夜をお過ごしください。^^









そうそう、この10ステップはもっと1つ1つ分かりやすく書いてありますよ^^笑

⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎


■【無料】妻の眠った愛を引きだす10のステップ


http://ameblo.jp/famihoho/entry-12256587774.html





■妻の愛を取り戻す秘訣がわかります。


妻の愛を取り戻す Re:ラブセッション

http://ameblo.jp/famihoho/entry-12205259919.html



■遠方、じっくり対応したい方のためのメールカウンセリング。


妻の愛を取り戻す Re:ラブメール

http://ameblo.jp/famihoho/entry-12214513676.html



■妻の愛をがっつり取り戻す人のための4か月間マンツーマンプログラム


妻の愛を取り戻す Re:ラブレッスン

http://ameblo.jp/famihoho/entry-12253858993.html


コメントを残す