パートナーにイラッとしたとき、自分の感情に飲まれそうな時の、お薬処方します。

こんにちは~、

Re:ラブカウンセラー山下 史仍(やました あやの)です。

 

 

 

今日は、「現在の感情」について。

 

例えば、あなたの奥さんは、専業主婦、子どもは一人だとしましょう。

 

あなたは会社から、いつものように帰宅しました。

玄関を開けると、家は掃除された様子もなく、ちらかりっぱなし。

「日中、家にいるはずなのに…」と不満を持ち、

とりあえず私服に着替え、席について夕食を取ろうと思いました。

家族は既に食事をしており、あなたの分の夕食を、奥さんは出してくれました。

夕飯の時に使った食器や鍋は、流しにあふれんばかりにあるのに、

奥さんは携帯を取り出し、もう20分ちかくやり取りを続けています。

話しかけても、上の空。

 

あなたはさらに不満を募らせます。

あなたがテレビを見ていると、子どもがおでこをぶつけて泣き出しました。

でも、奥さんは携帯を握り、こっちを見るそぶりもありません…

 

あなたはだんだんイライラしてきました。

 

 

========================

 

今の現象によるあなたの本当の感情は10パーセント、

過去の経験による満たされなかった感情が90パーセント

 

========================

 

 

今の感情を…

イライラ50%

不満80%

怒り65%

虐げられている気持ち5%

 

と感じたとしましょう。

 

 

イライラ50%で説明すると、

45%が過去経験し満たされていない感情が出てきたもので、

5%が本当に今の状況から、あなたが感じた気持ち、というものです。

 

 

今の例でいうと、あなたが感じた奥さんへの感情は、

イライラ5%

不満8%

怒り6.5%

虐げられている気持ち0.5%

 

と…いうことになります。

 

 

 

その他は、

 

「全てあなたの経験を基にした正当性が、

そこに意味を見出し、解釈しているにすぎない」ということです。

 

 

例えば、環境から学んだことであれば、

・うちの母親も掃除はきちんとしてくれていた。

・俺が1人暮らしの時だってもうちょっと綺麗だったぞ。

・こんなに汚いなんて、でも俺は手伝わないぞ。女が掃除はするもんだ。

・俺だって仕事しているんだから、家事くらいしてくれよ~。

・俺の妹でもちゃんと家のことしてるぞ。

・子どもが泣いたら、子どもを見て確認するのが親だろう。等

 

知識から学んだことであれば、

・せめて子どものおもちゃを棚に片付けるとスッキリするのに。

・洗濯物は、すぐ畳んで戻したらいい。

・一時間もあれば、妻が片付けできるはずなのに。等

 

経験から学んだことであれば、

・以前、妻と掃除は週に2回すると約束したはずだが。

・掃除が原因で喧嘩したから、掃除だけはしてほしい。

・帰ってきてからこんなに散らかった状況がイライラするんだよ~。いい加減理解してくれよ。

 (もう、今日だって、契約決まりそうだったのに、結局ダメになったしな~。家でくらいゆっくりさせてくれよ…。と続いたり。)

・ラインばっかり、子どもがいるのに止めてくれよ。

・子どもが泣いているのに、こっちを見向きもしない。親としておかしくないか?等

 

それらの正当性と、あなたの満たされなかった想い重なり、

出来事の意味づけをし、今の感情を作り、

そして「これから先もこうなるのでは?」という不安にまで結びつけるのです。

 

 

高度な技ですよね。

ただ、高度なだけに、

その人にしか解らない感情もあります。

 

 

他の人からみると、「些細な事」が、

本人の解釈からすると

「とんでもないこと」に思えてくるのです。

 

 

 

 

========================

 

 

今の現象によるあなたの感情は10パーセント、

過去の経験や満たされなかった感情が90パーセント

 

 

========================

 

 

だから、覚えておいて欲しいのです。

 

 

 

=今日のお薬=

 

 

「今の感情は、奥さんが一方的に悪い訳ではなく、

 

 

あなたの経験や満たされなかった想いが、

そこに意味を見出し、解釈している。

 

本当のあなたの感情は、

今こころの中にある感情の10%しかない。」

 

 

 

…しっかりこのお薬を飲んで、すこしでも気持ちが和らぎますように。^^

 

 

 

小さいころに、構ってもらえず淋しい想いをした人は、

同じ出来事を経験しても、構ってもらえないことこそが悲しいという感情になりますし、

小さいころに愛されなかった経験を持つ人は、

(本当に愛されていなかった訳ではなく、本人の解釈がそうであればそれが真実と考えます。)

何よりも愛が欲しい、足りないと感じています。

 

 

 

そして、あなたの感情は、

あなた次第で、100%の強固なものにすることもできますし、

 

冷静になって、理解し10%にすることもできます。

 

 

勿論、奥さんも、自分の感情に飲まれないように、理解することも必要ですね。
^^

 

 

本日もお読みくださり有難うございます。

 

 

あなたにとって…

 

素敵な一日になりますように。^^

 

 

 

 

 

■無料 メール講座配信中

【妻の眠った愛を引きだす10のステップ】

 

 

■妻の愛を取り戻す秘訣がわかります。

【妻の愛を取り戻す Re:ラブセッション】

 

■妻の愛をがっつり取り戻す人のための4か月間マンツーマンプログラム

【妻の愛を取り戻す Re:ラブレッスン】
 

 

■遠方、じっくり対応したい方のためのメールカウンセリング。

【妻の愛を取り戻す Re:ラブメール】