愛ある世界、全てが○○なんです。

こんにちは、

パートナーの愛を取り戻す Re:ラブカウンセラー 山下 史仍(やました あやの)です。

いかがお過ごしでしょうか?

私は、10か月になる末っ子が高熱で、治ってホッとしています。^^

今日は、愛ある世界に入るために知って欲しいこと。(あれ?セックスではありませんが。期待されてた方ごめんなさい(笑))

 

 

========================

 

 

実は、愛ある世界…も、愛の無い世界も、全てがイメージなんです。

 

 

========================

 

なんだか、スピリチュアル的な感じではありますが…。

例えば、今日、あなたが何気なく着ている服…あなたのセルフイメージに合う、あなたらしい服です。

例えば、あなたが会社で振り向いたら、いつも笑顔を向けてくれる若いお姉ちゃんは、優しい太陽の様なイメージ。

例えば、喧嘩の後のパートナーは、不機嫌で冷たいイメージ。

 

パートナーと結婚を決意した時の、パートナーに対するイメージ。

と、今のパートナーへのイメージ…。それだけでも違いませんか?

セックスに満足感が得られないときは、間違いなくパートナーへのイメージが変わってきます…^^;

 

例えば男性のあなたは、こんなセルフイメージ…

「私は優しい、でも弱い所も持っている、人が困っていたら助ける、

コミュニケーションが下手、いつも誤解されてしまう、

落ち着く場所は、図書館。本の世界が好き。

対人関係は苦手、異性はもっと苦手。というか、結婚は合ってないと思う…。

セックスは奉仕しないといけないのが面倒…。独りの方が楽だな。」

 

そして、

それを支えるあなたの経験…

「女性はすぐ感情的になって前の奥さんの考えも解らんかった。離婚経験がある。
                            
以前おばあちゃんと話したら、気に入ってもらえて「優しい、優しい」と連発された経験がある。(どうも年配の女性には毎回感じよく言われる経験を持つ。) 

           
派手な服とか着る派手な女性は苦手。(昔の彼女が派手な自分勝手な女性だった。)
過去の彼女とのセックスで、要望を言われ応じようと、頑張って疲れた。セックスは落ち着けない。            
喜ぶと思ってプレゼントしたものを「趣味じゃない」と言われ使ってもらえなかった。     

やることなすことが裏目に伝わった経験がある。」

 

 

自分でさえ、自分の経験を基にした「セルフイメージ」を持っています。

そして、権力に逆らえなかったり、給料の多い人に「価値」を置いたり。

全て、あなたが権力者に対する「イメージ」だったり、権力には逆らっちゃいけないという「思い込み・セルフイメージ」だったり、

給料の多い人に対する「イメージ」だったり、給料の多い人はこういう人なんだという「思い込み・セルフイメージ」だったり。

 

 

あなたが「価値」を決めているんです。

 

 

パートナーに対してもそう。

 

 

例えば、

結婚2年目、あなたも「一緒に家庭を作ろう」と頑張っている頃です。

パートナーと一緒に楽しく過ごせて、旅行にも行ったりして。パートナーの顔にも笑顔が見えて。

 

結婚3年目、子どもも出来て家庭が落ち着く場所ではなくなって、賑やかになったり。夫婦喧嘩もしたり。

パートナーの顔から余裕は消えるけども、一緒に考えることが増えたり、子どもと一緒に過ごす楽しさを共有したり。

 

結婚8年目、子どもも少し大きくなって、夫婦の当たり前が出てきて、共働きになったり、お互いに忙しくて、夫婦の交流が無くなって。

用件意外は、特に話す必要性を感じなかったり、セックスレスさえ当たり前になって。

パートナーは同居人のイメージがあったり、パートナーの顔は、暗くいつも眉間にしわを寄せてるイメージ。

 

結婚10年目、「愛している」と言い、言われたのはいつだろう?日々の生活にマンネリし…。

ただ、お互いに年を取っていく…なんだか情熱的に生きていたあの時は嘘の様に感じて。今の生活に我慢を積みかさね…。

 

結婚20年目、「たまには旅行に行こうか?」そう提案しても、「今更あなたと行かなくていいわ。」そう言われ虚しい日々。

一生懸命やってきたはずなのに…。パートナーへのイメージは赤の他人…。顔させ合わせない。笑顔を見たのはいつだろう?

 

結婚30年目、末っ子が大学卒業。「やっとこれから自分の人生を楽しめる!」と妻が元気になる。

夫の年金、退職金を楽しみに、離婚を現実的に考えたり。

パートナーへのイメージは、薄い白…いてもいなくても…。でも、面倒な家事からは解放されたいわ~

 

解りますか?

 

その時の経験を基に、パートナーへのイメージ、そしてそれを基に「あなたの価値」までもが変わっているんです。

そして、イメージと経験、実は「イメージ」が先です。

 

 

 

「怒られるだろう…」と思うときに人は声を掛けません。

「また、うるさいこと言われるんじゃないかな?」そう思うと、また今度にしよう…。

「不機嫌そう」と思うと、言うほどのことじゃないし…。

 

そう行動を取るのが人間です。

 

「パートナーからどう、イメージされているか…?」が最も重要なのです。

イメージが「分からず屋」なのに、「話そう」と思えません。

イメージが「家のこと、奥さんに任せっぱなし」なのに、「子どものこと相談したい…」とは思いません。

「自分勝手なセックスしかしない」とイメージしている相手に、「もっとこうして欲しいな」と言い出せません。

 

 

========================

 

現実どうかしているか…ではなく、パートナーが「どうあなたを捉えているか…」そのイメージなのです。

そして、それがあなたの「価値」を決めます。

 

========================

 

「光り輝くダイヤの原石を掴んだ!!!!」と思っていたあの頃。

「磨かんかったら、ただの石ころ、た~い!!!!(九州弁・金八先生みたい・笑)」

 

 

でもね、ダイヤの原石には違いないのです。

 

人は、考え方や生き方によって、輝けるからです。

うつの人も、落ち込みの激しい人も、男なんて!女なんて!と思っている人も。

今の夫婦の現状を全てパートナーのせいにしている人も。

 

私は、研磨する方法(手段)を知っています。

 

変な話ですが…、私の家、多少散らかっていても、夫は許してくれます。(笑)

「そのくらい…」って思ってくれるんですね。

大変な時期の子どもが4人いるから…ではありません。

もっと大変な時期に、ひどいこと言われた経験もありますよ…。泣

「なんてひどい人!人間性疑うわ!!!」そう思っていました。

でも、今は愛情があって、「いいよ」って優しい感じです。

人って片方が変わると関係性が変わるんです。

 

 

自分のパートナーに対するセルフイメージが変わると、

パートナーからの自分のイメージが変わります。

 

 

その結果、笑顔で迎えてくれたり、困ったことがあると協力してくれたり、

はたまた家が片付いたり、(笑)

家に早く帰ってくるようになったり、

浮気を止めてあなたの腕に飛び込んできたり、

セックスレスが解消したり、

愛情表現を受けるようになったりするんです。

 

 

そう、パートナーから、愛されるんです。

あなたの人生に「愛」が復活します。

 

ですから、セルフイメージも「あなたは愛されるにふさわしい人である」こともよく自分に言い聞かせてくださいね。^^

 

 

私は、イメージを「Re:ラブレッスン(4ヵ月マンツーマンレッスン)」でも使います。

結果が出るからこそ、「Re:ラブレッスン」値下げはしません。ですが、結果にコミットしてます。

光り輝くあなたになってこそ、あなたの悩みは解消され、別の人生を得られることでしょう。

「離れたくない。」

「ずっと、一緒にいたい。」

「あなたと一緒に居れて良かった。幸せ。」

そう言われる…あなたですよ。^^

 

そう言って、抱きしめてもらいましょう。イメージで…ね。^^

 

愛ある世界にするのも、愛の無い世界にするのも、あなた次第です。

 

 

それでは、本日もお読みくださり有難うございます。

あなたにとって…

素敵な一日になりますように。^^

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

男性向け メニュー

■妻の愛を取り戻す秘訣がわかります。

妻の愛を取り戻す・単発セッション
https://yamashita-ayano.com/2017/08/11/counseling/

妻の愛を取り戻す・Re:ラブメール
https://yamashita-ayano.com/2017/08/23/830/

■妻の愛をがっつり取り戻す人のための4か月間マンツーマンプログラム

妻の愛を取り戻す・Re:ラブレッスン
https://yamashita-ayano.com/2017/08/23/lesson/