「人生の半分は、昼の生活で、半分は夜の生活」

こんにちは、ニコニコ

 

山下史仍(やました あやの)です音譜

 

昨日、助産院へ行ってきたのですが、

これはその時の助産師さんの名言。

「言い切りましたね~。」

と思わず笑いが出て来ました。ほっこり

夜の生活とは、やはり性生活のこと。

性生活がいかに重要かを伝えているのですが‥。

 

独身で生きていると、

 

性生活って気にしても、気にしなくても、

 

好きでも嫌いでも、

 

片方に不満があっても無くても、

 

そこまでの深刻な問題は発生しないように感じますが…

 

夫婦となっていると、性生活はつきものです。

 

 

また、お互いに性生活が無くても一緒に楽しめたらいい夫婦もいれば、

 

性生活の重要度が同じくらいの夫婦で、適度に満たされていると不満もありません。

 

ですが、性生活に不満のある方は‥やっぱり多いのです。

本能や欲求が絡んできますから。

 

「眠たい…」「食べたい」と一緒で、その欲求の度合いも、

 

対象となる女性の好みも、考えも皆違います。

 

みんな姿形が違うのと一緒で、その欲求も様々でし、ホルモンによる欲求も様々です。

 

そして、そこに自信のある人、ない人。

 

開放的な人、閉鎖的な人

 

エネルギーを注いでる人、関係なく生活している人。

 

自分の好みに強要する人、しない人。

これは想像以上のパターンがありそうです。

性に対する「不満」は、自分自身に向くものも、

 

相手に向くものもあります。

 

人は完璧じゃないからですね。

やっぱり悩むのです。ひらめき電球

 

特に性は、デリーケートで、コンプレックスを抱きやすい問題です。

だからこそ、

 

何度も断られたりしていると、

 

プライドが傷つくこともあるでしょう。

 

自分を否定したように感じることもあるかもしれませんが、

ここで意固地になって

「絶対、してやらない!」となりませんように。ご自身のために。

 

性行為は、愛する人の体温を感じ、安心しリラックスすることが出来ます。

「快感」「心地よさ」「安心」「癒し」がホルモンにより得られるのです。

 

…今のって、男性にとって「必要」な言葉では無かったですか?

五感で感じる、いやされる行為です。

 

好きな相手なら尚更です。

 

あるとありがたい…その恩恵を受けれる一つが性行為なのです。(笑)

 

 

断られたその時は、

 

「え~したかったな。」と、抱きしめるだけでも、ホルモンはでます。

 

それは、お互いにとって心地よい行為です。ブーケ1

 

女性の温かみを感じるだけで、

 

その時は満足して「次しよ~ね。」と寝てあげましょう。

 

妻を配慮してくれた気持ちが伝わると思いますよ。笑

 

そんなに素直に言えたらいいですね。^^

また、

 

断る時も抱きしめてあげましょう。

 

少しは落ち着くでしょうね、あなたに触れたかったのですから。キラキラ

 

結局、性生活もお互いの配慮です。

 

そして「性生活」の分母は、「昼の生活」が基盤です。

 

例えば、家に日頃全然いないのに、夜の比重が高すぎると、

 

それが負担になり、身体だけを望まれているようで一緒に楽しめないかもしれません。

 

昼の生活での話…妻のこと受け入れてますか?

 

女性としていたわってやっていますか?

 

してくれること…当たり前になっていませんか?

 

 

関係性を頭で考えるのはやめて、

 

リラックスして「安心」「喜び」「快感」を素直に感じれたらいいですね。プレゼント

 

 

昼の良好なコミュニケーションを取って、

 

夜の生活でも、お互いに満足できる行為に繋がりますように。ドキドキ

 

 

今日もご覧いただきありがとうございました。ニコニコ

皆さまの一日が素敵なものになりますように・・・ラブラブ

 

 

 

 

■無料 メール講座配信中

【妻の眠った愛を引きだす10のステップ】

 

 

■妻の愛を取り戻す秘訣がわかります。

【妻の愛を取り戻す Re:ラブセッション】

 

■妻の愛をがっつり取り戻す人のための4か月間マンツーマンプログラム

【妻の愛を取り戻す Re:ラブレッスン】
 

 

■遠方、じっくり対応したい方のためのメールカウンセリング。

【妻の愛を取り戻す Re:ラブメール】